破魔弓

フェルト敷き布(お好みをお選び下さい)、名入れ作札付き。

「鳴弦の儀」という弓の弦を引いて音を立てるという宮中で行われていた儀式。男子出産の際に産湯をつかうときに行われました。弓と矢には「魔除け」の意味があります。

正月飾りの意味/昔の暦で、暮れから正月にかけての時間を鬼門(うしとら)の時間と言われ、変化の激しいこの季節を忌み嫌いました。この鬼門の時間に幼い赤ちゃんが禍いに合わないように邪気払いの意味で羽子板、破魔弓を飾るようになりました。

天覧型
慶長
槍弓
金閣
大和
ひのき
初陣
昇龍
額入り破魔弓
タイトルとURLをコピーしました