羽子板

フェルト敷き布(お好みをお選び下さい)、名入れ作札付き。

羽根の玉は「無患子(むくろじ)」という木の種で「子供が患わないように」という意味で、邪気をはね(羽根)のけて健やかに育つようにとの願いが込められています。

正月飾りの意味/昔の暦で、暮れから正月にかけての時間を鬼門(うしとら)の時間と言われ、変化の激しいこの季節を忌み嫌いました。この鬼門の時間に幼い赤ちゃんが禍いに合わないように邪気払いの意味で羽子板、破魔弓を飾るようになりました。

花衣
紫雲山水
いにしえ
かすみ
花ちらし
初夢
美咲
ゆうか
のぞみ
うたげ
淡雪
淡桜
まどか
初春
初夢
額入り羽子板
タイトルとURLをコピーしました